BLOGブログ
BLOG

法人の確定申告について

2020/10/08
法人における確定申告について紹介していきたいと思います。
▼確定申告とは
確定申告とは日本の租税に関する申告手続きのことをいいます。
1月1日から12月31日までの所得税額を確定させて、過不足分を納付したり還付するものになります。
法人の場合はこの期間に限らず、事業年度期間中の所得で計算をしてください。
基本的に確定申告の期間は2月16日から3月15日までの1ヵ月間となっていますが、法人の場合は決算の日から2ヵ月以内となっています。
どちらも定められた期間中にしっかりと確定申告をしましょう。
▼法人のやるべき確定申告
法人としてやるべき確定申告は、法人税の確定申告と消費税の確定申告の2つがあります。
法人税の確定申告・・・どの企業でも共通してやらなければならないもの、怠れば脱税になる可能性もある
消費税の確定申告・・・消費税事業者の場合に必要になるもの、個人・法人どちらでも売上1,000万円を超える事業者のことで
売上は前々年度を基準にする
▼必要書類を入手する方法
・税務署に直接取りに行く
・税務署から郵送をしてもらう
・国税庁のホームページから自分で印刷する
・e-Taxで電子的に手続きをする
時間がある場合には直接取りに行き、疑問点などあればその場で聞けるのでおすすめです。
▼法人税の確定申告の流れ
・決算を確定をする
・税務調整を行い法人税申告書を作成する
・添付書類を準備する
・法人税申告書の提出
税務署に直接提出できない場合など、郵送でも提出することが可能になっています。
流れに沿ってしっかりと確定申告を完了させましょう。
法人の確定申告は複雑な部分も多いので、疑問に思った際には税理士などの専門家へ相談することをおすすめします。